The Egg

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

マルコ・バロッティの新作は、「卵」の形を模した動く音の彫刻です。この彫刻の形に反映されているのは、始まりも終わりもない生命のサイクルです。繁殖力と生殖力を象徴し、人口過剰の影響を問いかけています。リアルタイムの統計データを提供するウェブサイトの「ワールドメーター」からのデータによって、彫刻の形は常に変化します。

出生と死亡の数を記録したデータから打ち出されるその統計は、本作品において低音の周波数に変換され、人間が知覚できる低周波よりも低くアウトプットされます。人間の耳には低すぎて聞こえませんが、サブウーファーからは、空気圧、音の振動を生み出し、彫刻の柔軟な膜に動きを与え、予測不可能に、そして連続的に彫刻の形を変えていきます。本作品は、木の樹皮から作られるハイテクラテックス素材である天然ゴムで作られています。

(2020年3月現在)

1-3:《The Egg》2019年、©Marco Barotti

マルコ・バロッティ

マルコ・バロッティはベルリンを拠点に活動するメディアアーティスト。Siena Jazz Academyで音楽を学んだ後、サウンドと視覚芸術の融合を始める。自然環境や都市環境におけるキネティックな音の介入を通して、架空のポスト未来主義の時代を表現する芸術的な言語を発明したいという願いと共に作品を制作する。彼のインスタレーションは、オーディオ・テクノロジー、消費財、廃棄物などを融合させ、音をきっかけにした動く彫刻作品を制作する。動物を模した「テック・エコシステム」を作ることに主眼を置き、これらの作品は、地球への人為的な影響のメタファーとしての役割を果たし、環境問題を意識させることを目的とする。
これまでに、「アルス エレクトロニカ」(リンツ、オーストリア)、Saatch Gallery(ロンドン、イギリス)、Futurium、NGBK Gallery(ベルリン、ドイツ)、「Polytech Festival」(モスクワ、ロシア)、FACT(リヴァプール、イギリス)、WRO Art Center(ヴロツラフ、ポーランド)、Würth Museum(ラ・リオハ、スペイン)「European Media Art Festival」(オスナブリュック、ドイツ)、「Lisboa Soa」(リスボン、ポルトガル)、「Nuit Blanche」(ブリュッセル、ベルギー)、「Platoon」(メキシコ・シティ、メキシコ)、「Urban Lights Ruhr」(ハム、ドイツ)、「List í Ljósi Light Festival」(アイスランド)など様々な国・地域の美術館や芸術祭等で作品が展示される。

Photo by Julija Goyd

ダフナ・タルモン

1972年、ベエルシェバ(イスラエル)生まれ。テルアビブ在住。写真、インスタレーション、ビデオ、テキスト、パフォーマンスを組み合わせた作品を制作。 関連と分断、日常と儀礼、逃避、自由、拘束、家などを考察しながら、空間を能動的に移動し、形やライフスタイルのあり方に疑問を投げかける。The Postgraduate Fine Art Program(ハミドラーシャ)の大学院で美術学士号を取得。Tel Aviv UniversityとThe Hebrew University of Jerusalemで都市計画を専門とする地理学の学士号と修士号を取得。

Photo by Adi Krauss

フリーシート

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

キーボードとヘッドホン付きの椅子が街中に置かれ、椅子に座った人それぞれに即興で音楽が奏でられます。このパフォーマンス作品は、街を歩く人に一瞬立ち止まってもらい、公共空間の中で別の領域に飛び込むように誘うものです。説明もルールもなんの思惑もなく、音楽を通じた出会いの瞬間がただあるだけです。

《フリーシート》は、ブラジルの音楽家ペドロ・カルネイロ・シルヴァと、イラン・ドイツのコンセプチュアル・アーティスト&映像作家アーダラン・アラムとのコラボレーション作品です。

このプロジェクトは偶然に人が出会うことによって、都市における日常生活の中で、アートを通して人間関係とは何かを問いかけることを目的としています。参加者は街中に突然置かれた椅子に対して抱く不信感を克服し、椅子に座ることで始まる音楽の創造に直接影響を与え、その瞬間に鑑賞者から作品の共同制作者へと立場が変わります。

(2020年3月現在)

1: 《Free Seat – Encounter》2018年、フランクフルト門 – ベルリン、 Photo by Ardalan Aram
(https://www.youtube.com/watch?v=uBTVAtlnXr0&t=)
2: 《Free Seat》2016年、ヘルマンプラッツ – ベルリン、Photo by Ardalan Aram
(https://www.youtube.com/watch?v=GkgVt3s3LeM)
3: 《Free Seat – Brasil》2019年、General Osório – リオデジャネイロ、Photo by Ardalan Aram
(https://www.youtube.com/watch?v=CbIFLv-wLtM&t)

ペドロ・カルネイロ・シルヴァ+アーダラン・アラム

ペドロ・カルネイロ・シルヴァ(ピアニスト、作曲家、パフォーマー)
リオデジャネイロ出身のピアニスト、作曲家、演奏家。彼の創造的な音楽プロセスは、経験、感情、音楽の相互作用を探求する革新的なアプローチに特徴づけられる。アーダラン・アラムとの共同プロジェクト 《フリーシート》で、シルヴァは街でのランダムな出会いの中で人々のために音楽を制作し、《O Trampolim de Oiticica》プロジェクトでは、社会的、個人的な問題を探求するパフォーマンスを通して音楽を制作する。また、世界中のアーティストとコラボレーションし、ヨーロッパ、アジア、ブラジルでコンサートやワークショップを行う。UNIRIOでブラジル音楽の学位(リオデジャネイロ)、Escola Superior de Musica(リスボン)でジャズピアノの修士号を取得。インドの主要な音楽学校であるGlobal Music Institute(デリー)とSAM(チェンナイ)でピアノと作曲の客員教授を務めた。

Photo by Bel Junqueira

アーダラン・アラム(コンセプチュアル・アーティスト、映像作家)
イラン・ドイツのコンセプチュアル・アーティスト、映像作家。彼が生み出す全てのものの中心に、ある言葉がある。それは「Feeling(フィーリング)」です。制作する映画、インスタレーション、パフォーマンス作品は、日常に対する新しい視点によって喚起されたものだが、すべての作品において彼は、私たちのリアルな経験を通じた真のつながりが可能であると信じている。作曲家でありピアニストでもあるペドロ・カルネイロ・シルヴァとのコラボレーションで「Free Seat Project」を立ち上げ、ベルリン、リスボン、リオデジャネイロ、サンパウロなどの都市でライブ・インスタレーションを行う。
「名もない都市は名もない人間を生み出し、あなたと私、彼らと私たちの間に分断をもたらします。他人に対して自分の弱さを見せたり、お互いの気持ちを共有することで繋がっていくような空間がもっと必要だと思っています。」(アラムより)

Photo by Rambod Rastegar

瓦礫の庭園

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

東京の工業空間、余白、境界、定義されていない場所で記録した、ドローイング、グラフィック、3D映像からなる本プロジェクトは、都市空間とそこで育つ植物の生態系や、自然と都市の区別を曖昧にする新たなエコシステムに焦点を当てています。

マルチチャンネルの映像インスタレーションでは、インフラシステムや抽象的な形の工業製品、廃墟やコンクリートに覆われた大地に自生する植物が次第に広がってゆく様子、これらの要素が伝統的な園芸手法に言及しながらグラフィックやテキストを通じて展示されます。この奇妙で新しい都市の自然の中に日本庭園特有の美意識を見出しながら、植物や石の歴史的な記憶や変化、そしてそれらが共に現在に何を示すのかを探っていきます。

新しいものの中に伝統を見出すように、コンポジションやコラージュの内容に用いられるイメージは、伝統と近代、自然と都市、人間とその他の生物などの区別の不可能性を明らかにし、文化や生物学の性質上必要なハイブリッド性を示しています。

(2020年3月現在)

1: 《Ruderal Garden》2019年、ベルリン、Photo by Kerem Ozan Bayraktar
2: ケレム・オザン・バイラクター《Nocturne》2019年
3: ブスラ・トゥンチ《Left-over》2019年、イスタンブール


ブスラ・トゥンチ+ケレム・オザン・バイラクター

ブスラ・トゥンチ(アーティスト、建築家)

建築、アート、デザインの分野で知覚と経験に焦点を当てた作品を制作する建築家、アーティスト。建築、映画、音響を研究してきた経験を元に、「雰囲気」を作品のテーマとして制作。工業用から日常用の素材や、光学ユニット、アナログ機器を用いて、工業空間や混雑した都市の名残や記憶を含む構造物を多く生み出す。
これまでに、Istanbul Modern Museum、Pera Museum、Massimiliano Fuksas、Salon of the Museum of Contemporary Art Belgradeなどとのコラボレーションを行う。主なサイトスペシフィックなプロジェクトでは、「Ather」(2020年、Goethe Instutute、イスタンブール)、「Oculus」(2016年、MSGSÜ Tophane-i Amire、イスタンブール)、「Majaz」(2017年、Buyuk Valide Khan、イスタンブール)、「Suruhu」(2015年、Nakilbent Cistern、イスタンブール)などが経歴にある。また、「Re/Framing Louis Kahn」展(2017年、Pera Museum、イスタンブール)、「Remix」展(2018年、Akbank Sanat、イスタンブール)、「Parajanov, with Sarkis」展(2019年、Pera Museum、イスタンブール)などで空間映像作品を手がけ、建築設計においても様々な功績を持つ。
http://www.busratunc.com/

Kerem Ozan Bayraktar(アーティスト、学者)
イスタンブールを拠点に、SAHA Studio(イスタンブール)で活動し、Sanatoriumの代表を務める。
身体的な環境、そしてコンセプチュアルな環境の構築を中心に作品を制作する。デジタル上での可視化や、写真、アニメーション、モデル、日常的なオブジェクト、テキスト、グラフィックを用いて、自然と人工というシステムにおける障害や境界、崩壊や変化などの振る舞いに焦点を当て、どのように人々はそれらを認知することができるのか考察する。これらのシステムは、自然発生的な都市の植物から太陽系外惑星に至るまで、様々な組織を構成し、内容によっては大きく異なるものもあるが、共通のシステム原理が見出される。
最近では、「Berlin Senate Residency Program」や「Istanbul Biennial Production and Research Programme」のプログラムに参加し、「Rocks and Winds, Germs and Words」展(2019年、Sanatorium、イスタンブール)など過去に6回の個展を開催。また「Ubiquitous Surfaces」展(2019年、Seager Gallery、ロンドン)、「The Sound of No-one Listen」展(2019年、The Corridor Art Space、アムステルダム)、「Openhaus」展(2019年、ZK/U、ベルリン)、「Istanbul Biennial Digestion Program」展(2019年、MSFAU、イスタンブール)、「flesh and bone」展(2019年、Operation Room、イスタンブール)などのグループ展に参加。

Photo by Zeynep Fırat

家族の晩ご飯へ贈られる絵画 東京編

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

このプロジェクトは、様々な文化や価値観をもつ国や地域で展開する、作家が社会と結びつきながら行うものです。2008年にイスラエルのバト・ヤムで始まり、2012年にはアメリカのブロンクス(ニューヨーク)、2013年には中国の北京やイタリアのレッチェで開催されました。

今回東京で行われる本プロジェクトでは、以下のようなメッセージと共に地域住民に参加を呼びかける予定です。

「夫婦でもある2人組のアーティストが、家族の晩ご飯への招待と引き換えに絵画をプレゼントします。詳細はメールか電話でお問い合わせください」

上記の呼びかけを通じて、できるだけ多くの家庭を訪問したいと考えています。参加は先着順となります。各家庭にて晩ご飯を食べる際に何をするかは決まっておらず、様々な議論が生まれればと思います。プレゼントする絵画は、果物と「ごちそうさまでした!」と書かれた静物画で、事前に制作します。夕食の最後には、参加者全員とプレゼントした絵と共に、カメラマンが家族写真を撮影します。絵はそのまま家族の手元に残ります。

(2020年3月現在)

1: 《A Painting For A Family Dinner》2013年9月16日、北京(中国)
Jeff Bliumis, Shao Yingzhi, Du Shuhua, Dai Mingyang, Shao Jun, Dai Jing, Alina Bliumis
Photo by Du Yang(北京)
2: 《A Painting For A Family Dinner》2012年4月8日、ブロンクス(アメリカ)
Jeff Bliumis, Jose F. Avila, Ava Avila, Thomas A. Avila, Teofilo Garcia, Diega Jaime, Sulma Arzu-Brown, Bella Victoria Brown, Maurice Brown, Escolastico Arzu, Isidra Sabio, Dwight Dockery, Monica Bernardez, Suleni T. Sabio, Arzu Brown, Sparkle, Perla Gonzales, Alina Bliumis
Photo by Anton Trofymov(ニューヨーク)
3: 《A Painting For A Family Dinner》2008年4月8日、バト・ヤム(イスラエル)
Jeff Bliumis, Shiri Cnaani, Guri Nadler, Nadav Cnaani Nadler, Roni Cnaani, Alina Bliumis
Photo by Dafna Gazit(バト・ヤム)


アリーナ・ブリゥミス+ジェフ・ブリゥミス

アリーナ・ブリゥミス (アーティスト)
ニューヨークを拠点に活動。 1999年にSchool of Visual Artで美術学士号を取得し、2005年にはFoundazione Antonio Ratti(コモ、イタリア)のAdvanced Course in Visual Artsを卒業。2000年よりジェフ・ブリゥミスとのコラボレーションを開始する。これまでに、Musée national de l’histoire de l’immigration、Galerie Anne de Villepoix、MAC VAL – Musée d’art contemporain du Val-de-Marne(パリ、フランス)、Centre d’art Contemporain (メイマック、フランス)、Moscow Biennales of Contemporary Art (モスクワ、ロシア)、Busan Biennale (釜山、韓国)、 Assab One (ミラノ、イタリア)、the Bronx Museum of the Arts、The Jewish Museum、James Gallery、The Graduate Center, CUNY (ニューヨーク、アメリカ)、 Museum of Contemporary Art Cleveland(クリーヴランド、アメリカ)、Museums of Bat Yam(バト・ヤム、イスラエル)、Saatchi Gallery、Victoria and Albert Museum(ロンドン、イギリス)、Botanique Museum(ブリュッセル、ベルギー)、などで作品の展示。

ジェフ・ブリゥミス (アーティスト)
ニューヨークを拠点に活動。 1980年に Columbia Universityで文学士号を取得。University of California Berkeleyや、California School of Arts and Crafts、The New School, New Yorkで学ぶ。
これまでに第1回、第2回、第3回 Moscow Biennales of Contemporary Art(モスクワ、ロシア)、2006年にBusan Biennale(釜山、韓国)、Assab One(ミラノ、イタリア)、Bronx Museum of the Arts、The Jewish Museum、The James Gallery、 The Graduate Center CUNY(ニューヨーク、アメリカ)、Museum of Contemporary Art(クリーヴランド、アメリカ)、Galerie Anne de Villepoix(パリ、フランス)、 Centre d’art Contemporain(メイマック、フランス)、Museums of Bat Yam(バト・ヤム、イスラエル)、Saatchi Gallery、Victoria and Albert Museum(ロンドン、イギリス)などで国際的に展示を行う。

Photo by Justin Bettman

千代田区の夜

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

千代田区は東京都で最も人口の少ない区であり、昼夜の人口差が最も大きい区です。本プロジェクトでは、日本の歴史と文化を考察した音声ガイド付きの千代田区を巡るツアーを開催します。このツアーから得られる地区の知られざる夜の景色の発見を通して、集団主義や閉鎖的な国家・民族の概念に挑みます。ツアーの候補スポットは、靖国神社、朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)、霞ヶ関駅などを予定しています。参加者には自身のスマートフォンに本プロジェクトの音声ガイドをダウンロードしてもらい、指定された地点からツアーを開始します。音声ガイドは第二次世界大戦で亡くなった台湾人日本兵、在日外国人、1995年から継続して通勤している幽霊など、過去の人々の魂が彼ら自身のことを語りながら、歩き方の指示を出してくれます。幽霊、魂、歴史、忘れられた過去は夜になると現れます。《千代田の夜》では、忘れられた物語が語り継がれ、訪れた人と過去の人々の魂とが共に歩きます。この体験を通して、千代田区は観光客、資産家、皇室の為だけの地域ではなく、兵士や移民、通勤者、恋人、家族、植民地化された人々も暮らした土地であることに気付かされます。

(2020年3月現在)

1: 《2 March 1981》オーディオガイド参加の記録、2018年、Fordham Park(ロンドン)、Photo by Ting-Ting Cheng
2: 《千代田区の夜》靖国神社周辺のイメージスケッチ(東京)、2020年、Drawing by Fabio Sayegh
3: 《千代田区の夜》在日本朝鮮人総聯合会中央本部周辺のイメージスケッチ(東京)、2020年、Drawing by Fabio Sayegh

ティンティン・チェン

台北とロンドンを拠点に活動。ウェストミンスター大学写真学科で修士号、ゴールドスミスカレッジで美術修士号を取得。アーカイブ資料を再解釈し、現在の文脈の中での物語を構築することで、私たちの文化的、国家的、人種的なアイデンティティを考察する。これまでに台北美術館、Galerie Grand Siècle(台北)、Identity Gallery(香港)、ギャラリーノマル(大阪、日本)、Luis Adelantado (ヴァレンシア、スペイン)、Iniva(ロンドン)などで個展を開催。また、「Bi-City Biennale of Urbanism/Architechture」(深圳、中国)、「III Moscow International Biennale for Young Art」(モスクワ)、「Contemporary Art Festival Sesc_Videobrasil」(サンパウロ)に参加し、観都美術館(台北)、国立台湾美術館(台中)、国立中国美術館(北京)などでグループ展に参加する。Addaya Art Centre(パルマ、スペイン)、GlogauAIR(ベルリン)、Ben-Uri Museum、Iniva(ロンドン)、CFCCA(マンチェスター)、cheLA(ブエノスアイレス)、Zero Station(ホーチミン)、ソウル近代現代美術館、台東美術館(台東)などでアーティスト・イン・レジデンスに参加。

Photo by Ting-Ting Cheng

静かなる内

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

「孤独死」をテーマにしたパフォーマンスプロジェクトです。孤独死を数値化された死ではなく、個人的な物語として注目し、この現象に関連する取り組みや事実に光を当てます。「孤独死」が実際に起きた場所、あるいはそれらを扱う取組みが始められた場所の近くで、まち中の思いがけない箇所で、何かにぶら下がるパフォーマンスを実施します。街頭パフォーマンスを通じて、コミュニケーション手段としての肉体および出会いの空間としての都市について考察します。この行為の意図は、閉ざされた空間で起こった事実を外の世界に表すことにあります。このパフォーマンスプロジェクトは地元アーティストとの協働により行われ、期間中には記録映像を展示します。

(2020年3月現在)

1-3: 《Inciting public disturbance》パウラ・ファラーコとの共同写真プロジェクト、2018年、ベルリン、Courtesy of the artists