期間限定ロイダッツチャリティショップ

会期2020年8月29日(土)〜9月6日(日) 会期中無休
時間11:00〜17:00
会場kudan house(東京都千代田区九段北1-15-9)
料金無料 ※事前予約制
お申し込み以下、詳細よりお申し込みください
運営運営・主催:studio-L
共催:株式会社NI-WA
協力:日本コパック株式会社、Lomography Japan、一般社団法人東京ビエンナーレ
お問い合わせloiduts-project@studio-l.org

NI-WA × Loiduts による共感を広げるクリエイティブな9日間

ロイダッツチャリティショップは、寄付によって集まったファッションアイテムを販売し、その収益を社会課題の解決に役立てる社会貢献型ショッピングを体験できるアートプロジェクトです。昨年11月のプレイベントでは、番町の庭で社会実験を行いました。チャリティショップでは、千代田区番町エリアやアーツ千代田3331に設置した回収ボックスへの寄付品等、様々な方から寄付された物品を販売します。

今回の取り組みでは、『寄付いただいたアイテムの仕分けや値付け、アップサイクルの体験ができるアトリエ』、そこでのショッピングを楽しめる『コンセプトショップ』がメインプログラムとなります。また、アイテムがどのエリアの回収ボックスに寄付されるのか、そのアイテムの持つ背景を伝えるために、回収場所ごとにその地域の子どもたちの絵や集められた地域の写真を組み合わせたアップサイクル商品も販売します。

期間中にはオンライン配信のトークイベントも開催します。チャリティショップを通じて共感経済を生み出す体験を提供します。

●来場予約について

新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、1日4部制でご予約を承ります。詳細は下記ページよりご確認ください。また、ご予約者様限定で館内ツアーを開催いたします(希望者のみ)

下記URLよりご予約いただけます。

▼8月29日(日)-8月31日(月) 
お申し込みはこちら
▼9月1日(火)-9月3日(木) 
お申し込みはこちら
▼9月4日(金)-9月6日(日) 
お申し込みはこちら

※期間中はご予約なしでも入場いただけますが、多くのお客様が来館された場合は入場制限をかけさせて頂く場合がございます。

●期間中のイベントについて

期間中にはオンライントークセッション、ワークショップなどのイベントを予定しています。詳細は下記URLのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/loidutscharityshop/events/

<トークイベント>
※Facebookページにてオンライン配信(無料)でご覧頂けます

8月30日(日)15:00~17:00
第一部/山崎亮が語るファッション「チャリティショップとその魅力」を解説!!
第二部/鼎談「世界に一枚の服をつくろう!」

・竹村 伊央(一般社団法人unisteps co-founder)
・吉川 稔(株式会社NI-WA代表取締役社長)
・山崎 亮(株式会社studio-L代表・ロイダッツ総合ディレクター)

9月5日(土)13:00〜14:30
「Z世代による 草木染めを楽しみながらおしゃべりトーク」

・小澤 茉莉(一般社団法人TSUNAGU理事)
・新里 早映(東京農工大学大学院2年)
・西上 耶弥(自由学園最高学部3年)
・塚平 陽叶里(自由学園最高学部3年)

9月5日(土)17:00〜18:30
「共感経済をファッションから考える
〜世代も価値観も異なる3人のギャップが生むこれからのイノベーション〜」

・源川 まり子さん(慶應義塾大学3年/Keio Fashion Creator代表)
・間瀬 彩未さん(慶應義塾大学1年)
・森井 杏南さん(株式会社ワンオー/イコーランドシブヤディレクター)
・吉川 稔(株式会社NI-WA代表取締役社長)

9月6日(日)11:00〜12:00
「マギーズ東京秋山さんに聞く! 居心地のよい場のつくり方と寄付のその後」

・秋山 正子(認定NPO法人maggie’s tokyo 共同代表理事)
・山崎 亮(株式会社studio-L代表・ロイダッツ総合ディレクター)

<アップサイクルワークショップ>
※事前予約が必要です。

9月4日(金) ①13:00-14:30 ②15:00-16:30 ※各回予約制
「ペットボトルのキャップで作る環境問題を考えるアクセサリーづくり」

参加費:1,000円 ※当日会場にて徴収します。材料費に充てさせていただきます。
定員:各回5名
プログラム:廃プラアップサイクルを体験して頂きます。
・デモンストレーション(射出成形体験)
・ワークショップ(ピアス、キーホルダ)
・アップサイクルについて考えてみる
お申し込みはこちら

クリエーター:カノウアツシ(swell plastic)
子供を持った事がきっかけで環境問題に興味を持ち、precious plasticのリサイクルマシーンの存在を知り、知識なし、情熱のみで作り上げ、リサイクルについて活動中。
Twitter https://twitter.com/kano_atsushi
Instagram https://www.instagram.com/swell.plastic/

9月5日(土) ①12:00-14:00 ②15:00-17:00 ※各回予約制
手を加えて長く着る「また着たくなるあなただけのアイテムに作りかえよう!」

参加費:3,000円 ※当日会場にて徴収します。材料費に充てさせていただきます。
定員:各回4名
プログラム:服のアップサイクル
持ち物:アップサイクルしたいあなたの一着
お申し込みはこちら

クリエーター:山杢勇馬(nusumigui)
人や暮らしのそばで洋服を作るファッションブランドnusumiguiデザイナー。
ワークショップでは洋服のリメイクを予定。
HP https://www.nusumigui.space/
Instagram https://www.instagram.com/nusumigui_studio/

●Lomographyとのコラボ企画

今回Lomographyの協力のもと、アーツ千代田3331で回収された服に、神田エリアの風景や人物を撮影した写真をオーバープリントすることで、東京・神田の文化や魅力を発信していきたいという想いからこの企画が生まれました。
神田周辺で撮影された写真をご提供いただき、その写真を使ってイベント期間中に服をアップサイクルしていきます。
Lomography HP https://www.lomography.jp/magazine/344921

●kudan houseについて

1927年竣工。設計:内藤多仲、木子七郎、今井兼次。登録有形文化財。東京九段の歴史を見守り続けた築93年の邸宅。 “歴史“と”和“、“現代アート”の融合をテーマに、未来へ向けたイノベーションを生み出す会員制ビジネス拠点として生まれ変わりました。会員企業の研修会、オフサイトミーティングなどの場として利用されています。
kudan house HP https://kudan.house/

ロイダッツチャリティショップ

Facebook https://www.facebook.com/loidutscharityshop
note http://note.com/loiduts
オンラインストア http://loidutsshop.stores.jp