【終了】【佐藤直樹&小金沢智&O JUN】連続トーク

日程2021年8月9日(月)、8月20日(金) 終了
時間20:00~
会場オンライン
配信URLトーク1|2013年から2021年までの変化
トーク2|完成形はあるのか/絵と交換について
問い合わせ東京ビエンナーレ事務局
info(at)tokyobiennale.jp

グラフィックデザイナーとして雑誌や書籍、アートイベント等幅広く活躍する佐藤直樹。2021年7月30日(金)から8月28日(土)にかけて、神田錦町の正則学園高等学校で展示を開催しています。

2013年の「 TRANS ARTS TOKYO 2013 」(東京電機大学跡地)から始まり、現在も終わることなく続いている木炭画「そこで生えている。」シリーズは、現在250メートルにも及びます。さらに「勢揃坂」シリーズを合わせた280枚を連結させ、佐藤にとって過去最長となる270メートルの絵画回廊が出現しました。

展示会場内でモノクロームの絵画作品に囲まれながら、連続トークイベントを配信します。

■ トーク1|2013年から2021年までの変化 
日程:2021年8月9日(月)
時間:20:00〜21:00 ※イベント後はアーカイブ配信
出演:佐藤直樹、小金沢智

2019年に太田市美術館・図書館で行われた《本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」》でキュレーターをつとめ、東京ビエンナーレ2020/2021のプレイベントとして、過去2回のトークを重ねてきた小金沢智と、これまでの作品を振り返りつつ今回の正則学園高等学校での発表について検証します。

トーク2|完成形はあるのか/絵と交換について
日程:2021年8月20日(金) ※8月18日(水)から変更となりました。
時間:20:00〜21:45※イベント後はアーカイブ配信
出演:佐藤直樹、O JUN

画家であり、同じく東京ビエンナーレ2020/2021参加アーティストであるO JUN(https://tb2020.jp/project/picture-and-eyes/)と、今回の参加に際しての互いの制作活動や、絵画について言葉を交わします。


過去2回のトークイベントは、こちら(https://tb2020.jp/project/there-it-has-grown-2013-2020/)より一覧にてご覧いただけます。
佐藤直樹の絵画制作への背景やこれまでの活動などについてふれていますので、ご興味のある方はぜひ本イベント前にご参照くださいませ。
・2020年12月11日 佐藤直樹×小金沢智「東京ビエンナーレへの道」
・2020年11月13日 佐藤直樹×小金沢智「そこで生えている。」

<出演者>

佐藤直樹 (東京ビエンナーレ2020/2021 クリエイティブディレクター、アートディレクター、デザイナー、画家)

1961年、東京生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。1998年、アジール・デザイン(現アジール)設立。 2003~10年、「セントラルイースト東京」プロデュース。2010年、「アーツ千代田 3331」立ち上げに参画。「トランスアーツ東京」を機に絵画制作へと重心を移す。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。 画集に『秘境の東京、そこで生えている』(東京キララ社, 2017)、著書に『無くならない―アートとデザインの間』(晶文社, 2017年)、展覧会図録に『佐藤直樹 紙面・壁画・図録──同じ場所から生まれる本と美術の話』(太田市美術館・図書館/美術出版社, 2019年)など。美学校講師。多摩美術大学教授。
https://satonaoki.jp/

小金沢智 (キュレーター)

1982年、群馬県生まれ。世田谷美術館、太田市美術館・図書館学芸員を経て、2020年4月より、東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース専任講師。2019年、太田市美術館・図書館にて、本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」企画担当。「現在」の表現をベースに据えながら、ジャンルや歴史を横断するキュレーションを得意とする。太田市美術館・図書館開館3周年記念展「HOME/TOWN」(2021年2月11日-5月30日)ディレクター。

o jun portrait
撮影:木暮伸也

O JUN (画家)

1956年、東京生まれ。画家。油彩や水彩、クレヨン等で日常を描く。錫と鉛を鋳造した鉛筆でライブドローイング等も行う。近年の展覧会は、『描く児』(府中市美術館、2013)。『まんまんちゃん、あん』(国際芸術センター青森、2016)。『飛び立つ鳩に、驚く私』(ミヅマアートギャラリー、2016)。『O JUN × 棚田康司:鬩(せめぐ)』(伊丹市立美術館、2017)等。2010年より2021年まで東京藝術大学に勤務。
https://mizuma-art.co.jp/artists/o-jun/

佐藤直樹個展 「秘境の東京、そこで生えている」ウェブサイト

関連イベント
関連プロジェクト