東京ビエンナーレジャーナル『見なれぬ景色へ』配信中

私たちがどのような思いでこの国際芸術祭を準備し、運営しようとしているのか、実際に関わっているディレクター陣や事務局メンバーがリポーターとなり、隔週でジャーナルをお届けします。
内容は、アーティスト、ボランティアとのアートプロジェクト、会場、運営、広報、資金調達についてのことなど。どれもが国際芸術祭の制作に欠かすことのできない仕事です。テーマとして掲げる「見なれぬ景色へ」を、ウィズコロナの東京に出現させるべく、日々奮闘するスタッフからのリポートをぜひご一読下さい。続けて読むことで、東京ビエンナーレをより楽しく、深く知っていただけると思います。

東京ビエンナーレ2020/2021事務局

《今までの配信はこちらのリンクよりご覧になれます》

VOL.01/2021年3月16日配信
佐藤直樹(東京ビエンナーレ2020/2021 クリエイティブディレクター、アートディレクター、デザイナー、画家)
タイトル:〈場所〉そのものから発せられるメッセージ

VOL.02/2021年4月2日配信
宍戸遊美(東京ビエンナーレ2020/2021 アドミニストレーター)
タイトル:あなただから

VOL.03/2021年5月7日配信
楠見清(東京ビエンナーレ2020/2021ソーシャルダイブ公募プロジェクトディレクター)
タイトル:都市にダイブすると目の前に〈見なれぬ景色〉がひろがる

VOL.04/2021年5月15日配信
宮本武典(東京ビエンナーレ2020/2021 プログラムディレクター、東京ビエンナーレ2020/2021「 東京影絵クラブ」メンバー)
タイトル:「みちのおく」から「見なれぬ景色」へ

VOL.05/2021年5月21日配信
並河進(東京ビエンナーレ2020/2021 エクスペリエンスクリエイティブディレクター)
タイトル:東京ビエンナーレの体験デザイン

VOL.06/2021年6月9日配信
福住廉(東京ビエンナーレ2020/2021ソーシャルプロジェクトディレクター)
タイトル:待つ人

VOL.07/2021年6月18日配信
高橋ユカ(東京ビエンナーレ2020/2021 「ソーシャルダイブ」アーティスト・イン・レジデンスプロジェクト/海外アーティストコーディネーター)
タイトル:臨時かつ不足だらけでも、作家たちの五感となること

VOL.08/2021年7月8日配信
小池一子(東京ビエンナーレ2020/2021総合ディレクター)
タイトル:見なれぬ景色へ

VOL.09/2021年10月23日配信
中西忍(東京ビエンナーレ2020/2021プロジェクト・プロデューサー)
タイトル:東京ビエンナーレは「見なれぬ景色」を描けたか

《東京ビエンナーレジャーナル配信希望の方へ》

東京ビエンナーレジャーナルは、下記アドレスまでお申し込みください。
お申し込み頂いたメールに、最新リポートと共にイベント情報やチケットプレゼントなどお得な情報をお届けします。
申し込み先/letter[at]tokyobiennale.jp ※[at]を@にしてお送りください。
件名を「東京ビエンナーレジャーナル配信申込」として、ご氏名、ご所属、お住まい地域、を記載の上、お申し込みください。
 ※お申し込みのご連絡を頂いたメールへ配信いたします。
 ※登録完了は配信をもってお知らせとさせて頂きます。