【東京ビエンナーレ2020/2021】エリアの達人ツアー 日比谷編「見なれた景色の中に見なれぬ美を感じる」

日程2021年8月28日(土)
時間9:30 – 12:00
会場集合:半蔵門駅(東京メトロ 半蔵門線)「2番出口」
料金2,000円
※別途、東京ビエンナーレのパスポート(一般:2500円、学生:1900円)が必要です。詳細は下記からご確認・お買い求めください。
東京ビエンナーレ パスポートを購入する
お申し込み参加お申し込みはこちら
運営主催:一般社団法人東京ビエンナーレ
お問い合わせ東京ビエンナーレ事務局:info@tokyobiennale.jp

案内人とともに「東京ビエンナーレ2020/2021」の作品を巡りながら
「まちの歴史」に深くもぐりこむ、ウォーキングツアーです。

「日比谷編」の案内人は、長年東京というまちを地理的な観点から研究されてきた、建築家・画家の木下栄三さん。木下さんは、「ブラタモリ」にも出演された、まさに「まち歩きの達人」。

今回は半蔵門からスタートし、日比谷を経由して銀座方面へ歩いていくルートです。途中、東京ビエンナーレの作品にもいくつか立ち寄ります。

長い年月をかけて東京のというまちはどのように変化してきたのか。歩くことで、普段はあまり意識しない地形にも着目しながら、まちの歴史とそこに生まれるアート作品を体感するツアーです。

■ツアー概要
8月28日(土)
9:30 半蔵門駅(東京メトロ 半蔵門線)「2番出口」集合
10:00〜12:00 ツアー開催(休憩込、実質1時間半程度)

定員:20名

※本ツアーは新型コロナウィルス感染症対策を取りながら実施されます。
※開催については、政府・自治体機関の判断に準じて決定し、中止の場合は全額返金いたします。
※お客様ご自身の事情でキャンセルとなる場合は、キャンセル料が発生する場合がございます。

■コース(予定)
半蔵門駅〜桜田門〜日比谷方面〜数寄屋橋公園

※すべて徒歩でめぐります。
※ルートは多少変更になる可能性もあります。

■ツアー案内人

木下栄三

1950年、名古屋生まれ、横浜市在住。建築家、画家。江戸文化歴史検定試験一級。NPO神田学会理事。NHK学園、朝日カルチャーセンター等講師。著書-「絵本 神田彷徨」、「皇居東御苑の草木帖」、「描きたくなる! 水彩でスケッチ」。絵図-「皇居と江戸城重ね絵図」、「江戸城新三十六御門重ね絵図」。他