アートプロジェクト

家族の晩ご飯へ贈られる絵画 東京編

アリーナ・ブリゥミス+ジェフ・ブリゥミス

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

このプロジェクトは、様々な文化や価値観をもつ国や地域で展開する、作家が社会と結びつきながら行うものです。2008年にイスラエルのバト・ヤムで始まり、2012年にはアメリカのブロンクス(ニューヨーク)、2013年には中国の北京やイタリアのレッチェで開催されました。

今回東京で行われる本プロジェクトでは、以下のようなメッセージと共に地域住民に参加を呼びかける予定です。

「夫婦でもある2人組のアーティストが、家族の晩ご飯への招待と引き換えに絵画をプレゼントします。詳細はメールか電話でお問い合わせください」

上記の呼びかけを通じて、できるだけ多くの家庭を訪問したいと考えています。参加は先着順となります。各家庭にて晩ご飯を食べる際に何をするかは決まっておらず、様々な議論が生まれればと思います。プレゼントする絵画は、果物と「ごちそうさまでした!」と書かれた静物画で、事前に制作します。夕食の最後には、参加者全員とプレゼントした絵と共に、カメラマンが家族写真を撮影します。絵はそのまま家族の手元に残ります。

(2020年3月現在)

1: 《A Painting For A Family Dinner》2013年9月16日、北京(中国)
Jeff Bliumis, Shao Yingzhi, Du Shuhua, Dai Mingyang, Shao Jun, Dai Jing, Alina Bliumis
Photo by Du Yang(北京)
2: 《A Painting For A Family Dinner》2012年4月8日、ブロンクス(アメリカ)
Jeff Bliumis, Jose F. Avila, Ava Avila, Thomas A. Avila, Teofilo Garcia, Diega Jaime, Sulma Arzu-Brown, Bella Victoria Brown, Maurice Brown, Escolastico Arzu, Isidra Sabio, Dwight Dockery, Monica Bernardez, Suleni T. Sabio, Arzu Brown, Sparkle, Perla Gonzales, Alina Bliumis
Photo by Anton Trofymov(ニューヨーク)
3: 《A Painting For A Family Dinner》2008年4月8日、バト・ヤム(イスラエル)
Jeff Bliumis, Shiri Cnaani, Guri Nadler, Nadav Cnaani Nadler, Roni Cnaani, Alina Bliumis
Photo by Dafna Gazit(バト・ヤム)


作家について

アリーナ・ブリゥミス+ジェフ・ブリゥミス

アリーナ・ブリゥミス (アーティスト)
ニューヨークを拠点に活動。 1999年にSchool of Visual Artで美術学士号を取得し、2005年にはFoundazione Antonio Ratti(コモ、イタリア)のAdvanced Course in Visual Artsを卒業。2000年よりジェフ・ブリゥミスとのコラボレーションを開始する。これまでに、Musée national de l’histoire de l’immigration、Galerie Anne de Villepoix、MAC VAL – Musée d’art contemporain du Val-de-Marne(パリ、フランス)、Centre d’art Contemporain (メイマック、フランス)、Moscow Biennales of Contemporary Art (モスクワ、ロシア)、Busan Biennale (釜山、韓国)、 Assab One (ミラノ、イタリア)、the Bronx Museum of the Arts、The Jewish Museum、James Gallery、The Graduate Center, CUNY (ニューヨーク、アメリカ)、 Museum of Contemporary Art Cleveland(クリーヴランド、アメリカ)、Museums of Bat Yam(バト・ヤム、イスラエル)、Saatchi Gallery、Victoria and Albert Museum(ロンドン、イギリス)、Botanique Museum(ブリュッセル、ベルギー)、などで作品の展示。

ジェフ・ブリゥミス (アーティスト)
ニューヨークを拠点に活動。 1980年に Columbia Universityで文学士号を取得。University of California Berkeleyや、California School of Arts and Crafts、The New School, New Yorkで学ぶ。
これまでに第1回、第2回、第3回 Moscow Biennales of Contemporary Art(モスクワ、ロシア)、2006年にBusan Biennale(釜山、韓国)、Assab One(ミラノ、イタリア)、Bronx Museum of the Arts、The Jewish Museum、The James Gallery、 The Graduate Center CUNY(ニューヨーク、アメリカ)、Museum of Contemporary Art(クリーヴランド、アメリカ)、Galerie Anne de Villepoix(パリ、フランス)、 Centre d’art Contemporain(メイマック、フランス)、Museums of Bat Yam(バト・ヤム、イスラエル)、Saatchi Gallery、Victoria and Albert Museum(ロンドン、イギリス)などで国際的に展示を行う。

Photo by Justin Bettman

アートプロジェクト