アートプロジェクト

天馬船プロジェクト

commandN

「市民1万人が参加できる河川を使ったクラウドファンディング型天馬船レース」

天馬船レースとは、木造和船を模した長さ約30㎝のミニ天馬船(1000円の寄付につきミニ天馬船1艘を登録可能)を神田川や日本橋川に浮かべ、川の流れにまかせてレースを行うプロジェクトです。川の上流から一斉にミニ天馬船を流し、上位でゴールした船には特別な賞品が贈られます。レースの参加登録費の一部を河川浄化や河川文化の振興、天馬船の制作費等として活用します。

本プロジェクトは、河川=表現するためのメディアとして捉え、世界的にもユニークな取組としてSDGsを唱える国々に広く情報発信されていくコミュニティ・アートプロジェクト。運営、制作においても多くの市民がボランティアとして参画し協働していく組織体制をつくっていきます。天馬船プロジェクトで集められた寄付金が河川の文化活動をしていく団体の支援金となっていくことも、市民の主体性・協働性を高めていく活動に繋がります。

(2020年3月現在)

1: 《天馬船プロジェクト》 間伐財で制作したミニ天馬船、レースには、1艘1000円で参加できる。 2006-、富山県氷見市上庄川
2: 《天馬船プロジェクト》 ミニ天馬船には、登録番号が割り当てられている。川の水の流れだけでゆっくりと進む。 2006-、富山県氷見市上庄川
3: 《天馬船プロジェクト》 一番先にゴールに到着した船が優勝。接戦の場合は、写真判定。 2006-、富山県氷見市上庄川

作家について

commandN (アーティストイニシアチブ)

1997年、文化芸術活動に携わるメンバーにより活動開始。マッキントッシュのショートカットキー「command+N」から命名。2010年より一般社団法人化。アーティスト自らが企画・運営し、まちへと還元する「アーティストイニシアティブ」という考え方を軸に数多くのプロジェクトを展開。20周年を迎えた2017年に企画展「新しいページを開け!」開催。

アートプロジェクト