アートプロジェクト

キカンキ・キ

大木裕之

日程
-
時間
-
会場

〈TRANS ARTS TOKYO 2012〉〈TRANS ARTS TOKYO 2013〉に参加した会期中ワークインプログレスで撮影された映像を〈種子〉にして、今年2021年の〈東京ビエンナーレ2020/2021〉の会期前→中に撮影/編集をワークインプログレスでシテゆき、有機的にmix を更新しながら上映してゆきます。《〈時間・パフォーマンス〉ドクトリン2011→2021》という「名づけ」つつも、まだうまく言語化できていないドクトリンに基づきます。場と人と時間と言葉と映像の微細かつ全体の探求/実践を〈まじえつつ、生じる〉〈物質〉のプロジェクトです。

(2021年4月現在)

1:《神田コミュニティアートセンタープロジェクト『TRANS ARTS TOKYO』コミッションワーク・アーティスト》2012、旧電機大学校舎11号館、千代田区神田錦町
2:《『TRANS ARTS TOKYO 2013』大木家運動会、大木家上映会》2013、神田錦町共同ビル、千代田区神田錦町

作家について

大木裕之 (建築家、映画監督、現代美術家、ダンサー)

1964年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。高知県在住。
初監督作品『正しい欲望』(1984)から現在までに160本以上の作品を制作。『あなたがすきです、だいすきです』(1994、ENK製作)で〈ピンク映画新人監督賞〉、『HEAVEN – 6 -BOX 』(1995、高知県立美術館製作)で〈ベルリン国際映画祭NETPAC賞〉を受賞。
また、美術館、ギャラリーなどで多数作品を発表しているほか、Dj、舞台演出もおこなう。高知/よさこい祭りでは〈チーム M ・ I 〉を率いて20年連続出場している。
http://anomalytokyo.com/artist/hiroyuki-ojki/

会場

後日発表