第3回 玉川上水46億年を歩く ショートウォーク

日程11月14日(土)
時間10:00~14:30  ※終了時間は多少前後します
会場鷹の台~三鷹 (9.6km)
集合場所:西武線鷹の台駅
料金大人1000円/小学生以下200円(保険込み)※当日精算
集合場所西武線鷹の台(改札は一つしかありません。)
お申し込み参加申し込みはこちら  ※定員15名
注意事項持ち物:マスク、お弁当、飲み物 、敷物、タオルなど。
帽子、運動靴、など歩くことを前提にした服装でご参加ください。
※雨天振替:次の日程に繰りこします。
※新型コロナウィルス感染症の対策として少⼈数制・予約制とさせていただきます。
※当⽇は37度以上の熱のある⽅や体調の優れない⽅の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
運営主催:玉川上水46億年を歩く
共催:東京ビエンナーレ2020/2021
特別協力:ちむくい、地球永住計画

「玉川上水46億年を歩く」は、46億年の地球史を⽟川上⽔46km(⽻村⽔取堰〜皇居)に⾒⽴て歩き、生態系の変化や環境問題を考えながら、ポストコロナ社会において、いまを生きる「ヒト」の立ち位置を考えるプロジェクトです。

橋を目安に歩いている地点が何億年なのか、地球史と照らし合わし歩くことで地球の誕⽣から現在に⾄るまでの時間軸を体感します。

ショートウォークの第3回目は、⽟川上⽔や地球の歴史の解説も交えながら、鷹の台から三鷹 までの9.6kmを歩きます。玉川上水の開削当時の堀の様子を眺めつつ、武蔵野の林を彷彿とさせる鬱蒼とした雑木林を通り抜け、名勝小金井桜の明るい草原的な道を歩きます。もちろん脇には車道がありますが、都会のど真ん中にある緑の回廊を体験できます。小平地区は道路もない、土の道と林の中を歩いているような場所です。津田塾大学の森に隣接している場所では、たぬきなどが通る獣道も発見できます。ぜひご参加ください。

ショートウォークスケジュール

今秋は、本番まえのショートウォークとして46kmを5回に分け、⽟川上⽔や地球の歴史の解説も交えながら各回約10kmの距離を歩きます。玉川上水で季節の変化を感じたい方も、46kmを1日で歩くためにまずは練習をされたい方もぜひご参加ください。

第1回 10月18日(日) 羽村~武蔵砂川 (9.6km)

第2回 10月31日(土) 武蔵砂川 ~鷹の台 (6.2km)

第3回 11月14日(土) 鷹の台~三鷹 (9.6km)

第4回 11月28日(土) 三鷹~代田橋 (10.6km)

第5回 12月12日(土) 代田橋~皇居 (9.2km)
【受付開始】 11/21(土)18:00〜

東京ビエンナーレ公式noteインタビューはこちら

関連イベント
関連プロジェクト