K14ソーシャルダイブ(海外)

ギフトプロジェクト 東京 2021

ダフナ・タルモン

エリア
神田・湯島・上野・蔵前
日程
2021年8月4日(水)〜8月17日(火)
時間
10:00〜20:00
会場
松坂屋上野店 本館1階 北口アーケード
その他

無料

<Tokyo Biennale 2020 SOCIAL DIVE Artist-in-Residence Projects>

企画書を“ソーシャルダイブ”の公募に送った時は、状況のゆくえを想像していませんでした。現地の人々と作業するという期待がすごく、わくわくした気持ちが膨らんでいました。 すると、世界的な伝染病が私たちを阻めてしまいました。 消費はまた伝染病です。が、症状は目にできません。 この2つの伝染病はどう結びつくでしょう? 今年長い間家にいて、こうは思いませんでしたか?私たちはものを持ちすぎている、と。いくつか手放す?譲る?寄付?巣ごもり期間で家にいた間、意味のあった場所や部屋を解放したりもできるかもしれません。 イスラエルでは、多くの家族にそういったことが起こりました。そして、それを私は語りたいのです。 私は皆さんに、このプロセスを行うようご招待いたします。このプロセスは新しい世界に対応しており、半分オンライン、半分が現実です。私の新しい作品に参加いただければ、ユーモアで味付けされた、解放という感覚をお約束します。(ダフナ・タルモン)

あなたの自宅にある「不用品」がラッピングをまとい、「ギフト」へと姿を変えていきます。不用品をお手元に、ぜひ会場までお越しください。
*会期前にアーツ千代田3331「AIR3331」前まで不用品と手紙をご提供いただいた方も、インスタレーションにご参加いただけます。

企画支援:カモ井加工紙株式会社

(2021年6月現在)

1: 《Saying goodbye to my things, the Gift Project》2018年、Hayarkon 19 Gallery(テルアビブ、イスラエル)、Photo by Dafna Talmon
2: 《The Gift Project Tokyo 2021》 イメージ写真、東京ビエンナーレ 2020/2021(東京)
3: 《The Gift Project》2019年、Haifa Museum(ハイファ、イスラエル)、Photo by Adi Ofer

活動レポート

[プロジェクト参加者募集]
https://tb2020.jp/ongoing/gift-project-tokyo-2021_call-for-participation/

作家について

ダフナ・タルモン (アーティスト、写真家、地理学者)

1972年、ベエルシェバ(イスラエル)生まれ。テルアビブ在住。写真、インスタレーション、ビデオ、テキスト、パフォーマンスを組み合わせた作品を制作。 関連と分断、日常と儀礼、逃避、自由、拘束、家などを考察しながら、空間を能動的に移動し、形やライフスタイルのあり方に疑問を投げかける。The Postgraduate Fine Art Program(ハミドラーシャ)の大学院で美術学士号を取得。Tel Aviv UniversityとThe Hebrew University of Jerusalemで都市計画を専門とする地理学の学士号と修士号を取得。
https://www.dafnatalmon.com/

Photo by Adi Krauss

会場

所在地

東京都台東区上野3-29-5

アクセス

・東京メトロ銀座線 「上野広小路」駅 直結
・都営大江戸線「上野御徒町」駅より徒歩1分(銀座線 上野広小路駅へ連絡)
・JR京浜東北線・山手線「御徒町」駅より徒歩2分
・東京メトロ日比谷線 「仲御徒町」駅より徒歩3分
・京成電鉄「京成上野」駅より徒歩7分

その他

matsuzakaya.co.jp